メガネのシクロクロス・ロードバイク日記

ロードバイクとシクロクロスの日記。自転車ライフの経験や悩みを記録していきます。暖かく見守ってもらえれば幸いです。

カテゴリ: ロードバイク

5月20日(土)のお話し 

前日にそこそこ飲酒。
そのせいか腹の調子がイマイチ。

とはいえ、久々に時間がとれそうなのでもったいない。

ということで和歌山方面に出発。
大和川CR~石川SL~紀見峠のコースで橋本を目指す。


紀見峠をゆるゆる登っていると腹に刺激を感じる。


これはアカンやつだ。ジワジワとやられる。
長年の経験からそう判断。


ダンシングをするのは自殺行為。
シッティングで力んだら勢い余って・・。
水分摂取で刺激を与えたらジ・エンド。


八方塞がりだ。


腹に爆弾を抱えつつ、何とか紀見峠の山頂にたどり着く。



しかし、ゴール(トイレ)はまだまだ。



山頂でチムさんらしき人を発見。
よくわからんかったのでスルー



まだ私の戦いは終わっていない
この戦いは“人としての尊厳”を保つための戦い
ついでにビブも。背負ってるものは多い。

チムさんと話をして精神的に緩んだら、肛門も緩む。

しっかりしろ!!

自分の気持ちを奮い立たせ、ダウンヒル。
振動が少ないラインをチョイスし、調子を維持。


すると後ろにローディのかげ。チムさんだったらしい。私の後ろに付くことがどれだけ危険かわかっているのか。いや、わかるまい。爆弾を抱えているとも知らずに。


よくわからん思考状態に陥りながらもコンビニまでたどり着く。

厳しい戦いを制したのだ。


ついでに、コンビニで早めの昼食。
ここで目的地を設定。

せっかく和歌山まできたので
“生石高原”
を目的地としてみた。
DSC_0869

前に一度走ってみたが、無残にも足つき。
ジェラートを食べ、すごすご帰宅する悲劇。
DSC_0821
ジェラートはおいしかったです。
おいし高原だけに。

しょーもないことを考えつつ、
370号線で高野下から矢立までヒルクライム。
先は長いので無理のないペースで分岐点に到着。
DSC_0851
まっすぐ進むと高野山、
右に曲がると海南方面。

生石高原は右。
緩く下っている道を30kmぐらい進むと生石高原への分岐。向かい風だったので消耗。そして暑い。

塩でウェアが真っ白。

なんとか生石高原の麓に到着。
2回目の休憩。

暑さでやられ、座り込む。もう2ボトル体制にしないと厳しいなかな。

休憩したのち、分岐点。
DSC_0856
真っ直ぐは通行止めみたいなので左側へ

ここからヒルクライムの開始。
札立峠というらしい

距離4.6km
平均勾配10.5%

序盤はキツイものの道路が広いだけマシ。

集落を越えたあたりからハード。
15%区間が2kmぐらい続く。

道が狭いうえに、そこそこ車が多い。
峠のスペック以上にキツイ。

しかし、二度目の挑戦。
ここで負けるわけにはいかない。
鉄の意思で登るだ。

・・・・

今回も集落を越えたあたりで心がおれかける

やっぱ、駄目そう・・。
いやはや、先が思いやられる。



続く

気温が暖かくなるにつれてゆるゆると遠出したい気分になってきました。

ということで、紀ノ川沿いを適当に走ってみようかと思い、出発。ザクッと和歌山の橋本方面に向かうことに決めました。

目的地を決めずにぷらっと走るのがけっこう好きなのです。意外な発見も見つかるかも。

大和川CR~石川サイクルラインをゆるゆると南下。河内長野の裏道を使って紀見峠から和歌山県に突入。2時間もあれば着くので近い?もんです。

道中は橋本清水のファミマで休憩。イートインもあるのでここのファミマはオススメ。

休憩をしつつ、グーグルマップで面白そうなところを探す。


【最初が峰】


さいしょがみねと読む、古戦場。

ふむ、心惹かれる名前ですな。


紀ノ川CRや川沿いの道を走りつつ、目標に。CRはほぼ貸切状態。走りやすかったー。
DSC_0756


麓にとうちゃく。

頂上まで距離なさそうだから、少しペースアップ。


全力ダンシング!!


そしてたれる。
まあ、いつものことよ。


ガシャーン!

チェーン落ち。
なぜかスプロケの内側に落る。

RDもげたか!?

とあせりました。

念のため、ミッシングリング、チェーンカッター、コネクトピンを持ってきてはいるものの冷や汗タラり。

確認。ほっ。

なんとかモゲラーにならずにすみました。
チェーンを入れ直して、スポークに絡まないかチェック。問題なかったので一安心。

気を取り直して、頂上へ到着。
紀の川沿いが一望。
DSC_0759


ここから武将が指揮とってたんかな。
思いをはせます。わからんけど。

ひとしきり堪能したあとは最初が峰から南下。
県道4号線に合流。ここから高野山方面向きに走行。

チェーン落ちの原因が不明のため、インナーローは封印。

ところどころ斜度がきつくなる上に、延々と終わらん坂道。
そして、おそいかかるスギ花粉。

道中、雰囲気のある神社があったのでお参り。
DSC_0765

帰路を考えるとここでタイムアップ。

橋本で気になっていたお店に行きます。


喫茶メモリー。

オムライスで有名なお店。

ドーン!!!
DSC_0768

さっそく実食。
たまごは半熟より少し固め。
半熟が苦手なのでちょうど良い火加減。

中のチキンライスはケチャップでしっかりと味付け。素朴な味。

たまごは3個使っているそうで、
ライスは1.5合~2合ぐらいといったところでしょうか。
DSC_0770

3分の2を食べたあたりで胃変が。
※誤字ではありません(笑)

もうパンパンで食べられん。
その上、同じ味なので飽きが・・・。

おばちゃんがニヤニヤしている気がする。
(被害妄想)

くっそー、負けられん!!

食べるしかない!!

・・・・

完食。
DSC_0771


ちょろいもんですよ(汗)


ほんとは、立つのもしんどい(泣)

紀見峠でもどしそうになりながらもなんとか帰宅。
苦しかったけど楽しかった。


いかん。春らしさ皆無だった(汗)
また和歌山方面のデカ盛りにいこうかな(笑

ここ1ヶ月ぐらいはFRAT練にコンスタントに参加。強度が高いので良い練習になります。

集合場所にとうちゃく。

DSC_0755


菰野HCや岬町クリテがあるらしいので屈強な面子は少ない様子。

話は変わりますが、最近、FRAT練に参加する時はテーマを考えて走ります。

来シーズンの目標が【シクロクロスでC2昇格】。これに沿ってテーマを決めます。

●本日のテーマ:独走力&メンタル 

独走力は逃げを意識。

シクロクロスはドラフティングする意味がほとんどない(むしろ走り辛い場合が多い)の単独でのペース配分はとても重要。

メンタルは相手の心を折る走り。実際の走力はともかく、相手に「追いつけないかも・・・」と思わせることが肝心。

他にも中目標などもありますが、今回は割愛。


まずは十三峠。

ここはメンタルを意識。

ちなみに、私がメンタルをやられるパターンは大きく2つ。
(1)後方からすごいペースでぶち抜かれ、一気に視界から消える。
(2)相手の表情が辛くなさそう(こちらはつらい)。

登板で駆け引きするほどのフィジカルはないので、辛くても表情に出さないのを意識。これが十三峠での課題。

序盤は軽めのペースで刻む。

途中でタケさんを抜いたので、
「追い込み足りてないですよ!」
とこえがけ。

抜く時は辛そうにしない。
効いたかわからん。

前方にhegryさん、後方にマルちゃんのパックになる。

ここで車が来た時に、

「車!」

と大きめの声を出しておく。



そう、まだまだ余裕があるとブラフをかますためだ。
※いつもは苦しく「く、くるまぁ・・。」が精一杯。

峠の後半になるにつれ、声を出すのが本気でしんどい。声と一緒に魂が抜けそう。



後方のまるちゃんが

「車!!」

とデカい声をだす。


くそっ、こちらもはったりをかます。

「く、くるまぁ・・。ゲホッ!ゲホッ!」

普段通りになってしまった。正直、辛いぞ。


最終コーナーでhegryさんとマルちゃんがペースアップ。


その瞬間に心がバッキバッキ!!


脚がゆるむ。逆に折られてしまった。反省。


ゴール後は、いつも通りに展望台清掃。
ゴミと一緒に砕け散った心も拾っておきます。

フラワーロードに移動。

先行しているとotaさんが

「あだっちゃいさんと距離あるので、逃げましょう!」

と誘われ、協調することに。

FRAT練の白ゴリラを打倒すべく、二人でベタ踏み。

前に出る瞬間、後方をチラっと確認。



!!!!


もう後ろについとるやんけ!


その表情はニヤっとし、邪悪な笑みに溢れていた気がしました。
※イメージです


最後の登り返しで差されて終了。
折り返してのどか村に向かいます。


のどか周回(反時計)で、アップダウンを利用してペースアップし、一定ペースで逃げる練習。
時計回りで食らいつく練習(結局ちぎれた)をして終了。

もうちょっと時間を使って乗りたかったので、ソロでフラワーロード往復を追加し、この日のライドは終わり。本日も良い練習でした。

どうもメガネでございます。


723日~24日かけてツィッター繋がりのヒロさんが来阪。

みんなでキャッキャウフフしてらしく、それはもう楽しそうでした。


私は、所用で参加できず・・・

悔しくなんてないんだから・・


ちくしょう!!


さて、話は変わって、所用というのが

【伊勢・志摩スカイラインヒルクライム】への参加。


場所は、三重にある伊勢・志摩スカイライン。

普段は車しか通れない場所で、伊勢湾が一望できるらしい。


ここでコースのチェック


●コースプロフィールのおさらい

獲得標高:451m

距離  :8.7km

平均斜度:5.3%


緩い坂をガシガシと登る坂を予想。

ストリートビューで念のため事前に確認。


予想に反してアップダウンがそこそこありそうな感じ。

これはやばいやつ。たんたんと登れない。


インターバルがボディフローのように効いてくるやつ。


アップダウンがある。

これが意味しているのは、平均斜度は目安にならんということ。

登りは斜度78%が平均で、ダウンの区間で引き下げているに違いない。


やばす。ペース配分が難しそう。


・・・・・・・・


当日は朝2時に出発。(起きたのは1時だ!)

早朝という表現ではなまぬるい。もはや深夜である

Screenshot_2016-07-24-01-35-27

3時間かけて到着。ちゃちゃっと準備して大人しく待つ。

久々のレースで興奮。


あっという間に集合時間に。
スタートラインに向けてダウンヒル。


このレースの面白いところは、集合場所は頂上で、

コースをダウンヒルしてスタート地点に向かうこと。


登り返しのポイントなどを確認しながらダウンヒル。

初見のコースなので下見できるのはありがたし。


スタートラインへ到着。

DSC_0089

思った以上に人数が多くてビビる。ちなみにビギナーでエントリー。


●出走数

・エリート  12

・スポーツ  87

・レディース 13

・ビギナー  212


ビギナー多いわ!!渋滞になる可能性大。
スポーツで登録すべきだったか。


ビギナーの表彰台を狙いに行くだったが難しそうだ。

せこい計画が黄信号。


こんだけ人数いると、絶対にやばい変態人が隠れとるわ。


ブログ村ランキングに参加しています。ぽちっとお願いします!!
にほんブログ村 自転車ブログ シクロクロスへ 


どうもメガネでございます。


※今回は、自身のメモ書きとして残す程度ですので、

ご参考にならないかもしれませんので、あしからず。


先日、葡萄坂に行った際ですが、下っている最中に

死角から車が飛び出して来ました。


それを避けるために、強めにブレーキング。

すると、後輪タイヤがロックし、スリップしてしまう悲劇が発生。


ロードバイクが振られたものの、何とか立て直しました。

なかなかヒヤッとしました。


sketch-1466081003174
対向車は、停止せずに矢印の方向に右折。

まぁ右折というか対向車を確認せずにまっすぐ突き進んだ感じですね。


この場面で、ロックしたのが前輪だったら間違いなく転んでましたがね!


恐らく、こういった場面に今後も遭遇する可能性がある(泣)


そんなことを考えていたら、十三峠のダウンヒル最中。

視界が悪いコーナーを超えた先に対向車待ちの車が停車。


強めのブレーキングで、またもや後輪がロック&スリップ。


こういった時のために必要となってくるのが、ブレーキングの技術。

自分の身は自分で守りませんとな。


で、自転車の話をしていてブレーキの性能の話は出てきますが、

テクニックの話をしているのは、あまり聞いたことがありません。


で、ブレーキをするときは次の項目を心がけます。


●通常時

・リアとフロントの比率

73ぐらいの気持ちでブレーキを使用。


これが下りのコーナーでかける場合は違ってきます。


当然、コーナーの方がグリップが悪くなるわけで、そこでブレーキを

掛け過ぎるとスリップする可能性が大。


特に、高速で下る場合はグリップを失う傾向が強くなるかと。

次の点を心がけています。


●コーナリング時

・コーナー前に減速し、コーナリング時はなるべくブレーキを使用しない。

・ブレーキを使用する場合は、リアを意識してかけ、
  フロントは極力使用しない。


※低速で下る場合は、コーナリング中も前後ブレーキをそこそこ使います。

 

●緊急停止時

 ・ブレーキを掛けると同時に荷重を一気に後ろへ。

  荷重を後ろに持って行かないとジャックナイフのようになり、

  そのまま背中から地面に投げ出される可能性大。



見通しの悪いところはゆっくり下るのがベストですね。

ブレーキの練習って地味だけど、
これを機会にもう少し意識して練習するべきかな。


ブログ村ランキングに参加しています。ぽちっとお願いします!!
にほんブログ村 自転車ブログ シクロクロスへ 



 

↑このページのトップヘ