前回のタイトルにチューブレスレディと記載していました。
もしや、レディ=女性と勘違いしてしまった人はいたのだろうかと、ふと思いました。
チューブレス婦人。出来の悪い怪人みたい名前やな。さすがにこんな勘違いする人はいないでしょう。

目標は週1更新。どうもメガネでございます。

前回、チューブレスレディホイールを使ったチューブレスタイヤを投入。
前回はフロントしかしていなかったので、リアも実施です。

使った感想も書こうかなと思ったけど、それだけだと短めになる。
ということで、備忘録もかねて、手順もまとめてみました。

●道具

・マイナスドライバー(極細)
・リムストラップ
・シーラント
・チューブレス用バルブ
・チューブレスタイヤ
・チューブレスレディホイール
・チューブレス用タイヤレバー
・スポイト(100均の美容用スポイトを使いました)


●手順

1.リムテープを外す 
  
ドライバーをリムテープとリムの間に挟み、外す。リムを傷つけないように注意。
  
 
DSC_0305


2.バルブ装着
  
リムストラップとホイールの穴にバルブを装着。
  
※リムストラップの全体を装着するより先にバルブをつける
DSC_0309

3.リムストラップを装着
  
リムにそってはめ込む。簡単にはまった。

4.タイヤを装着
  
これが一番の難関。
  
・バルブと真逆側からはめて行く。
  
・中央の溝にタイヤを落とす。
  
・バルブ側をはめる。
(手の皮がズルむけしそうになったので、タイヤレバーを使った。)
  
・あとは気合い!(これが重要!諦めない心!)
   
※今回は石鹸水を使わなくてもいけました。
DSC_0297

5.空気を入れる。
  
パキッ、パキッ、ビートが嵌ってく音が。石鹸水使ったら音はしないんかな?

6.シーラントを投入
  
いったん、空気を抜いてからシーラント投入。
  漏れるのが嫌だったので、先に空気が入ることを確認してから、シーラント投入。
DSC_0312

前後で
40分ぐらい。タイヤを嵌めるのに少し時間がかかった。
2wayタイプは13はいらないし、6もほとんどいらないから、もうちょっと短くなるかな。
結局のところ、タイヤが嵌る時間しだいですが(汗)

さてさて、前回のおさらいはここまでにして、実走で確認。
空気圧を2barまで落として走行し、漏れないかチェックです。

今回のタイヤは、シラクCXのマッドタイプを装着。

夏のシーズンはグラベルキングSK(4bar)を使っていたので、
それと比較すると、漕ぎだしは重く、スピードを維持するのはしんどい。
ただ、ブロックパターンや空気圧の違いを考慮すると十分な走行能力。

コーナリングでのグリップは、シラクCXの方に軍配。
ブロックのゴムもやわらかく、路面に食いつく感じ。
ダートを交えつつ
40kmぐらいを走ったけど、空気漏れもなし。

あとは、キャンバーを斜めに走った時空気が抜けないかどうか。
シーラントに期待。


いまさら気付いたけど、前回のほぼやきまわし。

次は、飛行機輪行かヒルクライムのことを書こうかな。
いろいろ書きたいライドのこともあるけど、記憶があやふや


ブログ村ランキングに参加しています。ぽちっとお願いします!!
にほんブログ村 自転車ブログ シクロクロスへ