メガネのシクロクロス・ロードバイク日記

ロードバイクとシクロクロスの日記。自転車ライフの経験や悩みを記録していきます。暖かく見守ってもらえれば幸いです。

2016年11月

大阪から約2時間かけて、マキノ高原へ向かう。

メタセコイアの並木道。日本離れした綺麗な風景。
1480159161577

しかし、心は曇るばかり。前日の雨で完璧にウェット。
雨もぽつぽつで湿度が高い。

道中、霧がかかっていて前も見えない。視界は前方
30mぐらい。

なかなかの悪条件。ビビりながらの運転もなんとか到着。

予想通りの霧。視界悪いけど大丈夫かな。
1480159158221

不安に駆られながらもコースを確認。
スキー場にコースを作っているので、アップダウンが激しいコース。

草地の登りやキャンバーで標高を稼いで、
くねくね曲がりながら下ってくるレイアウト。

名物は、長いくだり(路面は凹凸がキツイ)とフライオーバー。
こんなやつ。
1480159158350
まぁ、フライオーバーは余裕ですわ
()

さっそく試走。めっちゃキツイわ。
少し登った後に、愛車を持ち階段を登る。

そこから、心拍があがった状態でのキャンバー。
なかなか追い込みますな。

そして、メインのフライオーバー。段差が高くて登り辛い。
担がないと前輪が階段にヒットするのがつらいところ。

そして、ここからの下りが恐怖。
距離が短いので、乗車体制が整えづらい。

怖くて飛び乗り出来んぞ(泣)
下りに差し掛かる瞬間に路面にペダルがヒット。

あぁー。メンタルがやられる。
重心を後ろに残して引っくり返らんようになんとか下る。

ノーブレーキでなんとか下る。
ブレーキなんてしたらスリップしそうで逆に怖いわい。

そこから登ったところで視界が真っ白になる。
フライオーバーを下ったのは夢で、こけて気を失ったのが現実か。

いや、単純にメガネが曇っただけである。
ほぼ視界がゼロ。

所々で立ち止まり、フキフキしながらある試走。
2周回し、終了。

メガネをはずして出走するか悩むが、
外すと細かい路面のギャップがつかめなくなるのも不安。

何より、チーム名を【メガネ】で登録している。

メガネなのに裸眼とかわけがわからん。
ファンがいたら困惑するかもしれんし(そんなものはいない)。

会場に良くいる眼鏡屋さんを探すも見つからず。
出走前でバタバタの中、ネクストステージさんのブースに駆け込む。運よく曇り止めがあった。

親切な対応に感動しつつ、曇り止めを塗布。次にタイヤがやられたらネクストステージさんで買おう。

一息つく間もなく、番号のコール。シードをもらっているので1列目。
1480159157886
そこでFRAT練でご一緒してる安々さんから声をかけてもらう。

下りのアドバイスをもらい、ざわついていた気持ち(フライオーバーへの不安)が落ち着く。ありがたい。

いよいよ
30秒前のコール。

10秒前。

ドン!

スタートの合図。スタート争いで
89番手ぐらいになる。
1480159158128

最初の登りは淡々とこなす。
泥で滑るせいか所々で落車やストップがかかる。

登り返しのキャンバーは降車で無難にクリア。
泥のコーナーは侵入する前に減速を済ませ、慎重に処理。

順位はほぼ変動なし。

恐怖のフライオーバーをこなすところで再びペダルヒット。
ひぃぃぃー!恐怖!
1480159159163

身体が前に持って行かれるも何とか耐える。
勢い余って前転するところだったわ。

お星様になるにはまだ早い。

生の喜びを感じつつ2週目に突入。

1~2番手は相当離れている。
ただ、3番手から3~4人のパックになっているので、こことはそこまで離れていなさそうだ。

そこそこのペースを刻むがなかなか追いつかない。むしろ後ろから追いつかれそう。

フライオーバーでとろとろと乗車している間に更に迫ってくる。
フライオーバーを下った後に一息。登りだから進まんやんけ。
1480159158478

しょうがなくダンシングでフガフガ登る。
1480159158533

ここでアクシデントが発生。メガネが曇ってきやがった。
即興で曇り止めを施工したせいか。

路面がまったく見えない。
コーステープを頼りに慎重に下って、登っている時にフキフキする繰り返し。

何とか持ちこたえ、
3週目に差しかかかる。
ついに後ろの1人に捕まるも、ホームストレートの登りで抜き返す。

登りは分がありそうなので、下りに入る前に突き放したい。
同時に前の
1人もキャッチ。3人パックになる。

コーナリング後のストレートで隙を見てかわすも、
1人ついてきている。
1480159159503

必死で踏むも、キャンバーの処理にもたつく間に詰められてきている。

そして、フライオーバー付近で再度メガネが曇る。
投げ捨てる選択肢はないのだ。
メガネがなくなったらモブキャラになってしまう(レンズが高いから投げられん!)。

もう一度、登りながらフキフキして下る繰り返し。
また下りで抜かれる。

メガネの影響で慎重に下っている間に、少しずつ離される。
なんとか
2秒差ぐらいに抑え、最後のホームストレートに突入。

追いつけると信じてスプリント。
1480159159919

あと1台分の差。

あと、半身。
1480159159990

・・・・何とか差し切った!

登りのスプリントが功を奏した。
これが平坦だったら逃げ切られたわ。

取りあえず良かった。

結果は6位。1~3位が速かったので、完敗。

今回の面子では、相手にアクシデントが起こらん限り何回やっても勝てんな。

それぐらい地力の差が大きかった。
それでも前シーズンに比べればかなり良い結果。

レース展開や面子によっては1位も狙えるかもしれない。
ただ、力不足は明らか。速い人たちはさくっとあがる。安々さんもさくっと昇格してた。

このままで昇格しても通用しないな。地力が足りていない。
それでも、自分の伸び代を信じて頑張って行こう。


●レースのメモ書き

結果 6位(52人中)
クラス:C4タイム:2749秒(+156秒差)
周回 3rap
空気圧:フロント2.0bar リア2.3bar
タイヤ:シラクCX MUD(前後)
メモ  :曇り止めは、つけてから1分間ぐらい置く。そして拭き取る。ただし、きれいにふき取らず残すように拭き取る。(後で眼鏡屋さんに聞いた。)内側は特に念入りに。


ブログランキングに参加してますので、ついでにボタンを押してっていただければありがたいです(^^)
にほんブログ村 自転車ブログ シクロクロスへ

黒ダイさん主催のラーメンライドに参加させてもらいました。
寒くなってくる時期のラーメンは最高。

さて、今回のメンバーは8人。

・黒ダイさん
・マコタケさん
・あだっちゃいさん
・たけさん
・ラグさん
・はるのすけさん
・りっつさん
・メガネ


あだっちゃいさんは信貴山周辺のSTRAVA区間でKOMを取りまくっているアカン人。
最近、距離を乗っていなかったのでついていけるか不安いっぱい。

当日の朝。この時期は
630分ぐらいにならんと日が上がりきらない。
日が落ちるのも早いですし、なんとも寂しい感じになります。

ゆるゆると集合場所に到着。
DSC_0429
この日は、黒ダイさんの新車がお披露目されました。

スペシャライズドのオレンジのターマック。
スペシャライズドは保証がよさそうなのでうらやましい。

肝心の黒だいさんは、みんなからいじられまくる。
愛されるキャラでうらやましい限りです(棒

今回のコースは、

リビエール~ふんどし街道~白石畑~サイクリングロード~県道
50号線~麺屋食堂88

登りは白石畑と県道
50号線だけ。
100km1000upぐらいなので、キツくはないはず・・。

ふんどし街道と白石畑は平和に終わる。

その後、サイクリングロードで県道50号へ。
奈良のサイクリングロードは道が覚えづらいので必死でついていきます。

問題は県道
50号線。
このコースの別名は笠山荒神社。
4.9km。平均斜度7.6%。めっちゃ嫌いなコース。

というのも序盤アウターでも踏める緩斜面。
そこから、2kmぐらいからグっと斜度があがる。

詐欺みたいなコースだわ。
このコース2回目ですが、1回目は突っ込んで昇天しております(白目

TTするのは、あだっちゃいさん、マコタケさん、りっつさん、私の4人です。

なかなかアカン面子です。

たけさんはダンシング縛りで登るとのことです。
どこでそんな危険な遊びを覚えたのでしょうか。

私はそんなことはできません。

それはさておき、最初にスタート。
下ハンを握ってガンガン突っ込む。

あだっちゃいさんを退屈させるわけにはいきませんからな!

途中でハァハァしだしますが、気にせず踏み込み。
するとあだっちゃいさんが話かけてきました。

あだっちゃいさん「十三のタイムはどのぐらいですか?」

メガネ「ギリギリ18分台です。ハァハァ。」
・・・しゃべるのもキツイ(泣)

すると斜度が少しきつくなったところでぶっちぎられました(泣)

あだっちゃいさんが見えなくなったあたりで心が折れます。

半端なくたれつつ、何とかゴール。

登ったあとは、天理ダムをビビりながらダウンヒル。
葉っぱが落ちてるので怖かった。

ご褒美のラーメンにありつきます。
チャーシューがおいしい。ラーメン自体は、あっさりとした感じです。
DSC_0430

中華めんを食べましたが、メインはつけ麺らしいのでそっちも食べてみたいですな。

ラーメンを食べたらサイクリングロードで戻ります。
帰りは1時間ぐらい。50号や白石畑により道しなければかなり近い。

デザートにボンシックでシュークリームを食べて解散。
DSC_0431


アテンドした黒ダイさん、ご一緒したみなさん、ありがとうございました。
また遊びに行きましょー。


ブログランキングに参加してますので、ついでにボタンを押してっていただければありがたいです
(^^)
にほんブログ村 自転車ブログ シクロクロスへ

最近の悩みは、ヘルメットが似合わずキノコ頭になってしまうことです。

どうも、メガネでございます。

前置きはこのぐらいにして、続きです。


・・・・・

試走を終え、泥を落として本番へ備える。

シード番号がコールされ、並ぶのは最前列。
1479009917950

ふはは、ホールショットは私のものだ。

15秒前のコール。

いよいよスタート。

珍しくクリートがスムーズにキャッチ。スムーズに行く。

しかし、置いて行かれた!?

スプリントがしょぼいのだろうか。
結局、
10番手以降に後退。

まぁまぁまぁ、これぐらいは想定内ですよ(泣)
仕方ないので、タレてくる人をキャッチしつつ、前を狙っていくことに。

結局いつも通りの展開。

1週目は、前の人がこけたり、キャンバーで詰まったりで、先頭集団にタイムを稼がれた。

少し進むと、砂利のコーナーでこけたりバランス崩している人がいた。
これ以上、差を拡げるわけにはいかんので、バイクを倒さないラインで走るように心がけ、慎重に抜いていく。
1479009917089


2周回目のシケイン手前で
1人をキャッチし、ようやっと9位ぐらいまでアップ。
1479009916206

シケインは割と好きである。

3周回目で2人をキャッチ。
砂利のコーナーで膨らんだ隙にイン側から抜いて加速。ようやっと7位。

1479009916359

後ろに着いてきている感じだが、シケインでタイム稼ぐ。

必殺のスーパーマ○オジャンプ。キノコ頭になった(もとから
ry
1479009916960

なんだかんだで最終回。
ペースアップするも、前は見えず。後ろも離れ、単独走行。

前の人がタレてることを信じて全力で。
やっぱり単独の方が走りやすい。
1479009916879

スタートダッシュは肝心であることを実感。課題を感じつつ、後半のコースをこなす。

フィニッシュ手前で1人が捕まえられそう。
ゴール前でスプリント。わずかに届かず。
1479009915968

最後までしょっぱいわ。結局、7位で終了。

うーん、昇格を狙いにしては残念すぎる結果。
結果にショックを受ける。

失意の帰宅・・・。
1479009917688

スタートの練習をしてリベンジせねば。ロードの平坦系の選手はスタートがうまいのな。

もし、遅れても1周回目で無理にでも前に出なきゃいかんな。

余談ですが、嫁さんの撮影能力が上がってきているので嬉しいです。
待ち時間が多いのお付き合いしてもらっているし、ありがたい話です。

嫁さんが見るのでゴマすり(汗)

マキノはどうしようかな。遠いし、マイアミにかけるか。

しっかし、
C43位~9位ぐらいをさまよう可能性があるのが怖いところですな。そうなったらC4のヌシになりますな。

C3に上がりたければ、俺を倒してみろ!
てきな。とんでもない、かませ犬だわ
()

レース結果:C4 39人中7位(+117秒)
空気圧:フロント 1.7bar リア 1.8bar

タイヤ:チューブレス シラクCX MUD(前後)


ブログランキングに参加してますので、ついでにボタンを押してっていただければありがたいです
(^^)
にほんブログ村 自転車ブログ シクロクロスへ

どうも、メガネでございます。

関西
CXに参戦してきましたので簡単に書きました。
長いので2回にわけました。


・・・・・


前回のりんくうはパンク。
最終回はランニング地獄を味わう。

今回は同じ轍は踏むまい!

ということで、パンク対策で余っているシーラントをぶち込む。何も考えず、ぶち込む。

あぁ・・。白濁とした液が・・・。
DSC_0409
モザイクかければ
18禁やな。

それから、シューズの溝がぽろっと取れたので、接着剤で貼り付け。
不安だけど、新しいシューズ買う予算がない。

最後の仕上げにペダル交換。

現行は、クランクブラザーズのキャンディ。
ウィングのせいで嵌めづらい気がする。

手持ちのエッグビーターに交換。

これでスタートダッシュ対策はバッチリ。

ちなみに、ペダルを外すとき、固着してたので勢い余って指を強打してしまう。みごとに負傷。突き指する。

ひぃぃぃぃ。なんてこったい。
既に闘いは始まっているということか。なかなかやるじゃないか(白目

機材の準備が終わったので、スタートリストチェック。

シード上位陣と前回
DNFの速そうな人をチェック。
シードではないけど、ネクストリームの人達もおるわ。

うーん、上位に絡むことが出来るだろうか。まぁ、何とかなるか。

・・・・

当日。

試走はアップ兼ねて
3周回。1週目は軽め。
2週目はパンクしそうな箇所をチェックし、絶対に走らないラインを確認。3週目は、泥部分でラインを外して走れるかチェック。
DSC_0410

取りあえずキャンバーとフィニッシュライン付近の深い泥は全部降りて走ることに決める。

90%以上の確率でこなす自信がなければ乗らんぞ。
決して臆病風に吹かれたわけではない。その方が速いのだ。

自分自身に言い聞かせる。

いよいよ本番。がんばるぞい。


続く

ブログランキングに参加してますので、ついでにボタンを押してっていただければありがたいです(^^)
にほんブログ村 自転車ブログ シクロクロスへ




前回のシクロクロスは4周回走ったかなと思ってたらリザルトは3周回。

記憶力がやばいな~、と思いつつ前回のブログを更新。
そしたら、訂正になってまして、やっぱり
4周回だった。

私の脳はまだがんばれます。

さて、
1030日(金)先週に引き続き関西シクロクロスに参戦。

今回も、嫁さんがサポート。

今回の【日吉(スチールの森京都)】ですが、初めて参加のステージ。

噂では、鹿のうん○でズルズル滑る、パンクが多いらしい。
不安要素いっぱい。

雨が降ったら、泥もひどいらしい。
前々日に雨降ってたしなー。

それから、鋭い石でのパンク注意な。
ディレイラーがもげませんように。

これらのセリフが、フラグにならんこと祈ります。

さっそく、試走。初めてのコースなのでじっくりと。
アップダウンが多い印象。そして、朝露のせいなのか、路面はウェット気味。

それから、コース外の路面には、噂通り、鹿のう○こらしきものが・・。

コース上にもあるのだろうけど、泥と混ざって判別はつかず。
まぁ、視界に入らん方がメンタルやられんので助かります。

試走は、コース覚えるだけで手一杯。

んー、アスファルトの下りコーナーは苦手なんだよなー。
ただ、石は思ったよりは気にならなくて良かった。

そんななか、ちらほらと「空気圧もっとあげれるな。」とか「簡単なコースだな。」の声が聞こえる。

一瞬惑わされる。
だが、しょぼいテクニックで空気圧あげたら大変なことになる。

鹿のうん○まみれにはなりたくない。
こけるわけにはいかんのだ。

そんなことを考えつつ、
3周したところで試走をやめ、軽く洗車。
DSC_0391
30分前ぐらいにぼちぼちと集合。

前回はパンクしたので、
4列目スタート。
スタートは苦手な上にこの位置。

あまり得意なコースではないので不安でいっぱい。

なんとか
20番手以内で最初を乗り切ろう。
今回の目標はシングルで次戦のシードをゲット。

消極的な思考。いかんよね。

上位を狙うならホールショット決めるぐらいの勢いで行かねば!(4
列目だけど)

そんな事を考えている内にスタート
1分前。
そして
10秒前。

ドン!!

スタートの合図。

ガチャガチャ。フラグをしっかりと回収しました。

クリートキャッチ失敗。おまけに、靴が滑って脚つきをかます大失態。

後ろの方々、すいません。

気を取りなおして、スタート。再スタートからの位置取りでも負けて後方に。

身体をがっつりあてられる。

軽い接触ならともかく、後方の無意味なところであててくんなやと思いつつ、落ち着いてラインキープ。よろけたら、中途半端にライン変更したら、反対側の人にぶつかって落車するかもしれんしね。

なんだかんだで、おおよそ30
番手後方ぐらいに落ちる。

ひー、なんてこったい。

取りあえず、ストレートとシケインで、前の人達をキャッチしていく。
1477954408838
2周回目に入るころには、なんとか11番手までポジションを回復。この時点でそこそこ消耗。

先頭に大分タイムも稼がれったぽい。

2週目半ばで、45人のパックに合流。
取りあえず、最後尾にひっつく。この辺から順位がイマイチわからくなる。
1477954409527
見える範囲内にはこのパックしか見当たらず。取りあえず、ひたすらついていく。動きがないまま3週目に突入。

3週目途中で1人がペースをあげる。

最終回を考えると、限界まで追い込むのはよろしくない。

悔しいけど、見送る。

自分を含めて3人のパックになる。
何回か前に出るも、切り離しは失敗。
1477954410586

結局、パックの最後尾のまま最終回に突入。
登りのシングルトラックへ突入したところで、2人のペースが落ちた気がする。

さらに進み、ウェッティな重い芝で明らかにペースが落ちた。

これは、チャンス。ダンシングで加速!

1人を抜く。もう1人を抜くということで、ラインを締められる。
やられた。一旦、ペースを落とす。

スペースが空いたので、もう1度!

・・・・

こんどこそ決まった!

後ろを見ると距離が開いた。
緩めずそのままのペースを維持。

何とか、ギリギリシングルかな。そう思いながら走行。

最後の坂はキッチリ追い込み、ゴールへ。
1477954410692

洗車場が混みそうなので、ゴールして、そのまま洗車の列へ並ぶ。

ちょうど嫁さんが見えたので、話をする。

すると、3位じゃない?と。

いやー、ギリギリ10位以内ぐらいでしょ。
とりあえず、期待せず表彰台へ向かう。

係員らしき人が、メガネ言ってるのが聞こえるので、取りあえず待ってみる。

メガネなんて単語はよく使うので、確信が全くもてない。ややこしいわ。

ボーッとまっていると、進行のお姉さんから【メガネ】の言葉が。

第3位チームメガネ!

おぉ!本気で表彰台の順位!
応援に来てくれた嫁さんに良いところがみせれて良かった
(^^)
1478306434926

ついでに、FRAT練もアピール!

どうやら、先頭を走ってた2人がパンクしたらしく、ごっつぁんの表彰台
()

嫁さんに言われんかったら、速攻で洗車して帰る準備してましたわ。

さてさて、次戦は2回目のりんくう。
今度こそ昇格出来るように頑張っていきたいです。そのために、スタートのクリートキャッチでミスしないようにせんとな。


ブログランキングに参加してますので、ついでにボタンを押してっていただければありがたいです
(^^)
にほんブログ村 自転車ブログ シクロクロスへ

↑このページのトップヘ