久々の更新。

タイトルとは全然関係ありませんがCXの前々日に焼肉を食いに行きました。DSC_0724

夜中に見た人のためのメシテロとして写真を残して置きまs。

いかん猛烈に腹がへってきた。完全に自爆
orz



さて、本題。

関西CXの桂川は低体温によりリタイヤ。
和歌山は高速の凍結にビビッてDNS。

イマイチ不完全燃焼。

ということで、【東海
CX最終戦のWNP(ワイルドネイチャープラザ)】にエントリー。

河畔砂丘にコースが作られ、
一度は走ってみたいと思ってましたのでちょうど良い感じ。

このコースは“東海のコクサイデ”と呼ばれるくらいの砂が特徴。
※コクサイデ⇒UCIシクロクロスワールドカップのコースの一つ。砂地獄で有名。



大阪市内を朝5時出発し、名阪国道経由で8時前に到着。

おぉ!思った以上に砂!sketch-1488411532741


早速試走。空気圧は
1.7bar

いかん、まったく乗れん。仕方なく押し歩き。

コース最大の難所に差し掛かる。sketch-1488411550155
地獄の丘。ヘルクライム。

本番で押しやすいように右端のわだちをしっかりと作っておく。

レース前から勝負は始まっているのだ。
テクニックがないからセコさで勝負。

このセコさ加減は完璧なかませ犬キャラですわ。

ワイ「こっちは事前にわだちを固めておいたんだ!バカめ!」

主人公「そんなものは関係ない!うぉぉぉー!」

ワイ「なにぃ!バカな!なんて速さだ!!」
てきな。

しょーもない妄想しつつ、試走終了。



受付。記念品としてタンブラーをもらう。DSC_0735

最終戦のエントリー者全員に配ったらしい。

すごいな東海CX!


解放感があり、ブースも何ヵ所かあるのでかなり良い雰囲気。
BUCYOCOFEEのおぐらカイザー。IMGP1570
うまい!

会場の雰囲気もあり、ものすごい楽しい気分!
ひとしきり楽しみ、ジョギングでアップ。

会場の楽しい雰囲気とは対照的に厳しいレース。

砂に対応するため
1.5barに引き下げ。
シード選手の後なので6列目ぐらいのスタート。

スタート直後に砂があるから落車に気をつけると念じる。
不安にかられてしまう。ネガティブシンキングなヤツには逆効果だ。

たくましい妄想力は時として逆効果になる。

しまった。名言がでてしまった。我ながら恐ろしい。 妄想中の図。コノヤロー。sketch-1488411198313


しょーもないことを考えているとスタート。

落車もなく、スムーズでほっとする。
それもつかの間。砂コーナーになると渋滞発生。
地獄の砂ランが始まる。

ようやっと砂が終わってとびのり。失敗。

タイヤとフレームの間に股間を強打する悲劇。強がる元気もないわい。
立て直す間にじゃんじゃん抜かれる。
後方の邪魔をして申し訳ない。

そしてコース山場の砂登りsketch-1488411423009

試走の時に育てたわだちでバイクを押す。
さらに楽するため前走者の足跡をトレース。

せこさ大爆発。

まぁ、勝てばOKですよ。メガネ軍団(※1人しかいない)の前にひれ伏すがよい。

途中で順位を教えてもらった。

34位!

めちゃめちゃ後方やんけ!クソがぁ!

ばらけて走りやすくなってきたのでペースをあげる。
しかし、相変わらず砂場でミス。

飛び乗り⇒クリートキャッチミス⇒そのまま砂に突入⇒ペダリング出来ない⇒降車


このミスが何回かあった。
砂で降車すると遅くなるわ、体力も削れるわでしんどい。

ミスを重ねつつもなんとか落ちてきた人たちをつかまえる。sketch-1488411396080


2回めの地獄の丘はバイクを杖替わり。

前を走っている人も辛い足取り。
わだちを使って抜き去る。

ニヤリ。イカン、悪い面になってしまった。

やっと20番代後半。
お腹いっぱいだけど3週目。

新しく導入したチューブラータイヤの感覚がつかめてきたのか、砂も多少乗れるようになる。

何人かキャッチしてゴール。

24位。ほぼ真ん中の順位。

体力的に、今シーズンでいちばん厳しかった。


・・・・・・・
初の東海CXでしたが、運営もスムーズで楽しく過ごせました。
来シーズンに他のステージも参戦してみたいなと思います。

今シーズンのシクロクロスはこれにて終了。
大きな怪我なく終わって良かった。

来シーズンはC2昇格するぞ!sketch-1488411350275


●レースのメモ書き
結果  :C3 24位(46人中)
タイム :
+2分29秒差
周回  
:3rap
空気圧 :フロント1.5bar リア1.4bar
タイヤ :TUFO primus33SG(前後)
ホイール:AT24W‐D

●反省点
・ペダルをエッグビーター⇒キャンディに変更。
 
エッグビーターの方がスムーズにキャッチできていた。
・砂ラインのトレースがうまく出来なかった。
・傾斜面での飛び乗り。股間強打






ブログランキングに参加してますので、ボタンを押してっていただければありがたいです(^^)
にほんブログ村 自転車ブログ シクロクロスへ