メガネのシクロクロス・ロードバイク日記

ロードバイクとシクロクロスがメイン。理論的なことは書けません(泣)

最近の悩みは、ヘルメットが似合わずキノコ頭になってしまうことです。

どうも、メガネでございます。

前置きはこのぐらいにして、続きです。


・・・・・

試走を終え、泥を落として本番へ備える。

シード番号がコールされ、並ぶのは最前列。
1479009917950

ふはは、ホールショットは私のものだ。

15秒前のコール。

いよいよスタート。

珍しくクリートがスムーズにキャッチ。スムーズに行く。

しかし、置いて行かれた!?

スプリントがしょぼいのだろうか。
結局、
10番手以降に後退。

まぁまぁまぁ、これぐらいは想定内ですよ(泣)
仕方ないので、タレてくる人をキャッチしつつ、前を狙っていくことに。

結局いつも通りの展開。

1週目は、前の人がこけたり、キャンバーで詰まったりで、先頭集団にタイムを稼がれた。

少し進むと、砂利のコーナーでこけたりバランス崩している人がいた。
これ以上、差を拡げるわけにはいかんので、バイクを倒さないラインで走るように心がけ、慎重に抜いていく。
1479009917089


2周回目のシケイン手前で
1人をキャッチし、ようやっと9位ぐらいまでアップ。
1479009916206

シケインは割と好きである。

3周回目で2人をキャッチ。
砂利のコーナーで膨らんだ隙にイン側から抜いて加速。ようやっと7位。

1479009916359

後ろに着いてきている感じだが、シケインでタイム稼ぐ。

必殺のスーパーマ○オジャンプ。キノコ頭になった(もとから
ry
1479009916960

なんだかんだで最終回。
ペースアップするも、前は見えず。後ろも離れ、単独走行。

前の人がタレてることを信じて全力で。
やっぱり単独の方が走りやすい。
1479009916879

スタートダッシュは肝心であることを実感。課題を感じつつ、後半のコースをこなす。

フィニッシュ手前で1人が捕まえられそう。
ゴール前でスプリント。わずかに届かず。
1479009915968

最後までしょっぱいわ。結局、7位で終了。

うーん、昇格を狙いにしては残念すぎる結果。
結果にショックを受ける。

失意の帰宅・・・。
1479009917688

スタートの練習をしてリベンジせねば。ロードの平坦系の選手はスタートがうまいのな。

もし、遅れても1周回目で無理にでも前に出なきゃいかんな。

余談ですが、嫁さんの撮影能力が上がってきているので嬉しいです。
待ち時間が多いのお付き合いしてもらっているし、ありがたい話です。

嫁さんが見るのでゴマすり(汗)

マキノはどうしようかな。遠いし、マイアミにかけるか。

しっかし、
C43位~9位ぐらいをさまよう可能性があるのが怖いところですな。そうなったらC4のヌシになりますな。

C3に上がりたければ、俺を倒してみろ!
てきな。とんでもない、かませ犬だわ
()

レース結果:C4 39人中7位(+117秒)
空気圧:フロント 1.7bar リア 1.8bar

タイヤ:チューブレス シラクCX MUD(前後)


ブログランキングに参加してますので、ついでにボタンを押してっていただければありがたいです
(^^)
にほんブログ村 自転車ブログ シクロクロスへ

どうも、メガネでございます。

関西
CXに参戦してきましたので簡単に書きました。
長いので2回にわけました。


・・・・・


前回のりんくうはパンク。
最終回はランニング地獄を味わう。

今回は同じ轍は踏むまい!

ということで、パンク対策で余っているシーラントをぶち込む。何も考えず、ぶち込む。

あぁ・・。白濁とした液が・・・。
DSC_0409
モザイクかければ
18禁やな。

それから、シューズの溝がぽろっと取れたので、接着剤で貼り付け。
不安だけど、新しいシューズ買う予算がない。

最後の仕上げにペダル交換。

現行は、クランクブラザーズのキャンディ。
ウィングのせいで嵌めづらい気がする。

手持ちのエッグビーターに交換。

これでスタートダッシュ対策はバッチリ。

ちなみに、ペダルを外すとき、固着してたので勢い余って指を強打してしまう。みごとに負傷。突き指する。

ひぃぃぃぃ。なんてこったい。
既に闘いは始まっているということか。なかなかやるじゃないか(白目

機材の準備が終わったので、スタートリストチェック。

シード上位陣と前回
DNFの速そうな人をチェック。
シードではないけど、ネクストリームの人達もおるわ。

うーん、上位に絡むことが出来るだろうか。まぁ、何とかなるか。

・・・・

当日。

試走はアップ兼ねて
3周回。1週目は軽め。
2週目はパンクしそうな箇所をチェックし、絶対に走らないラインを確認。3週目は、泥部分でラインを外して走れるかチェック。
DSC_0410

取りあえずキャンバーとフィニッシュライン付近の深い泥は全部降りて走ることに決める。

90%以上の確率でこなす自信がなければ乗らんぞ。
決して臆病風に吹かれたわけではない。その方が速いのだ。

自分自身に言い聞かせる。

いよいよ本番。がんばるぞい。


続く

ブログランキングに参加してますので、ついでにボタンを押してっていただければありがたいです(^^)
にほんブログ村 自転車ブログ シクロクロスへ