メガネのシクロクロス・ロードバイク日記

ロードバイクとシクロクロスの日記。自転車ライフの経験や悩みを記録していきます。暖かく見守ってもらえれば幸いです。

ロードバイクとシクロクロスの日記。自転車ライフの経験や悩みを記録していきます。暖かく見守ってもらえれば幸いです。

シクロクロスのスタートダッシュは重要。
どのくらい重要かというと・・。
うまいこと書こうとしたけど、なんも浮かばんかった(泣)この発想力のなさよ。

それは、さておいて。スタートダッシュは順位に大きく関わってきます。
それゆえ、フライングに厳しい。
噂では、フライングを防ぐためにわざとコールより早めにスタートの合図だしたり、遅めに出すこともあるらしい。
10秒前のコールをしておいて、実際は5秒時点でスタートの合図だしたり。
シクロクロス雑学すな。まぁ、噂しか聞いたことないので、都市伝説みたいなもんでしょう。実際に、あからさまに早かったり、遅かったりしたことに遭遇したことはありません。

・・・・・

1225日(日)
クリスマスですがシクロクロスに参戦。奥さんの目を気にしながら会場へ。ついてきてくれるらしい。ありがたいことです。

今回の会場は、烏丸。京都の烏丸ではなく、琵琶湖の烏丸半島。

到着し、準備。キャンバーが有名なコース。
ということで、チューブレスタイヤのエア漏れ対策で空気圧高めの
2.3barに設定。

試走開始。
いきなりフロントが泥に突き刺さり、前転をかましそうになるがなんとか回避。
泥区間を抜けたら、急勾配のキャンバーがお出迎え。
DSC_0601

ビビってしまうが、基本に忠実に下れば問題なし。
バイクは寝かせずまっすぐに侵入し、下っている最中はブレーキを使わない。
下った後にブレーキングしても十分間にあいます。

もういっちょキャンバー。今度は登るヤツ。壁やんけ。
DSC_0606

乗ったまま登れる人いるんかな。※全日本チャンプの沢田選手は登っていました。すごいテクニック。


ダッシュで登ると一気に乳酸がたまる感じで、キツイ。
その後は、平坦をこなし、今度は、横方向のキャンバー。
DSC_0602

前々日の雨の影響かヌタヌタ。キャンバー以外もヌタヌタの区間がある。

DSC_0605

ヌタウナギも真っ青やで、しかし。

ここら辺はランで行くと決める。
途中で乗れなくなるし、全部走った方が速いわ。

後半は平坦基調。ガレていないのでガシガシ踏める。


思った以上に滑る感じがしたので、空気圧を
1.7barまで引き下げ。
キャンバーはランがメインになりそうなので、エア漏れは気にせんでいいでしょう。
その後、アップも兼ねてさらに2周回。コーナーで滑らなくなり、良い感触。



20分前に待機場所へ向かう。クソ寒い。

身体が冷えた頃にシードのコール。4シードのため最前列。
ど真ん中だと出遅れた時に被せられるから端から2番目に位置取り。
スタートダッシュは苦手。クソみたいなスプリント力しかないのだ。



ここで、コミッセールのおじさんが、

フライングはダメ。一発失格だからね。

と3回くらい喋っていた。すごくグイグイくるな。
そんな何回も言わんでもわかるよ。

そんなことを考えている間にスタート前の曲が流れはじめる。

緊張。スタート前のコール。


1分前。30秒前、10秒前。
10秒から先はコールされないので頭の中で数える。

9、8、7、6、バンッ!!!

・・・・・。

え・・。早くない?

一瞬、時が止まる。まわりも、止まっている。

まさか、ここでやられるとは!
おじさんのセリフはフリだったのだ。

この俺を騙すとは・・。やるじゃねぇか。※勝手に引っかけられただけ。

我に帰り、スタート。いつも通りホールショットは失敗(泣)
31726806882_e69c5c987c_b
6番手ぐらいでコーナーへ侵入。コーナーで前に被せられ、番手を落とす。
被せてきた前走者が泥でストップ。ラインをきっちり締めるべきだったわ。

めげずに少しずつポジションをあげ、平行キャンバーに突入。
前が詰まっていたので、ラインを外して抜いて行く。
1483144387261
キャンバーを乗っていくワイ。
関係ないけど、写真で見るとキノコ頭過ぎて泣けてくるわ。

あとのキャンバーは降りて、ひたすらダッシュ。
みんなつるつる滑っているぞ。
スパイクをつけたシューズなので滑らん!
31726759992_bdf6b1ee33_b
豪快な?ランを繰り出し、2番手に合流。パックになる。

1周目を終えた時点でトップとのタイムギャップは10秒。

2週目に入り、最初のキャンバーで2番手が落車。
かわしてトップを追いかける。

キャンバーのランニングゴリ押しを駆使して差を縮める。
その甲斐もあり、平坦区間でトップと合流。
相手を様子見しつつ、シケイン前で仕掛ける。うまく抜くことに成功。
1483144420327
心肺はまだ追い込めそうでコーナーリング後の加速を繰り返してインターバルをかける。何回か繰り返した後に、後方を確認。少し離れたので、多少無理しても踏み続け、差を拡げる。

近い差で行けると思うと頑張れるし、視界に入らないぐらいだと心が折れてペースが落ちることもある。

3週目に差し掛かる時点で単独走行に。
3・4週目も良いペースで刻み、逃げ切りの単独ゴール。


嬉しい、嬉しい1位をゲット!!
IMG_9bkivy

奥さんに良いところみせられて良かった。
サポートしてくれた奥さんに感謝。
思い通りの走行をしてくれる愛車に感謝。
名も知れぬ私を応援してくれた人達に感謝。


よいレースでした!次もこんな感じで走れれば。

帰りに茶丈藤村でご飯を食って、軽く観光して帰宅。



次の戦いはC3。俺たちの戦いはこれからだ。


完 
※終わりません




写真はkikuzo photo`sさんがアップしたものと関西シクロクロスさん撮影、奥さん撮影のものを使わせていただきました。ありがとうございます。

●レースのメモ書き
結果:1位(62人中)
クラス :C4
タイム :30分21秒(‐1分3秒差)
周回  :4
rap
空気圧 :フロント 1.7bar リア 1.7bar
タイヤ :シラクCX MUD(前後)
ホイール:
Bontrager affinity comptubeless ready) 


ブログランキングに参加してますので、ついでにボタンを押してっていただければありがたいです(^^)
にほんブログ村 自転車ブログ シクロクロスへ

いまさらですが、美山とマイアミの関西CXのレポート。

まずは美山から。

ホイールを忘れたので出れませんでした。はい、美山は終わり。
終わったことはどうでもいい、後ろを振り返らない漢だぞ。

続いては#
6のマイアミ。
ここは走ったので、しっかりと振り返って行きます。
手のひらは速攻で返すスタイル。

今シーズン
5戦目。
来シーズンはこんなに出られるかわからんので、チャンスがある時に出ます。

会場はビワコマイアミランド。
DSC_0590

琵琶湖沿岸の常夏のキャンプ場。大阪市内から
1時間30分ほどで会場に到着。
雪をかぶった山々がそびえたつ姿は、なかなかの絶景。
sketch-1482850152696

吐く息が白い。ちくしょう!2度しかじゃねぇか!
常夏という情報に騙され、レッグウォーマーを持ってこなかった負け組。
よく考えなくても朝が寒いのは当たり前である。

まぁ、生足で十分よ!


それはさておいて、肝心のコース。
コース
マイアミは、砂で有名。赤字の箇所が砂区間。
この砂をどう攻略するかが勝負の分かれ目。体力にものを言わせてランで勝負する、はたまたテクニックで砂場をのりきるか。

乗車のままクリアしたら体力も温存できるし、速い。
ただ、中途半端に止まったり、勢いが死んだ場合は、ランで処理した方が速いのが困りどころ。それに、レースになると前の人のミスで降車を強いられる確率が高い。砂場でランはガンガン体力削られるからいややな。


コースを試走しつつ分析する。
スタートから①までは、コーナーでちりばめられている砂を除けば問題なし。その砂も深くはないので、ラインを外さなければ
OK。もし外れてもリーンインで処理すれば、滑らないはず。但し、コース幅が狭いので1周目は注意。

問題は①と②の連続砂区間。
DSC_0583
1周目は①で渋滞を起こしそうなので、確実にランで処理。

②もランで行くしかない。
DSC_0585
ここを全力ダッシュするとか心臓が爆発するわ。

③は短いし、ラインが出来ているので問題なし。
④はイン側のラインをトレースすれば
OK。1回ラインを外して走ってみたが、重心移動で切り抜けられるので、渋滞すればラインを外すのも○。
DSC_0587

⑤の区間は難セクション。
軽くキャンバー気味になっているところを下ってコースに侵入するのだが、下った後がゼリー状になっていて、いやらしい。
DSC_0588
かといって降車しても足が沈みそう。

一旦降りると、乗車するのに手間がかかる。
かといって、砂浜を全部ランだと勝負にならんので、ここをうまくクリアして、踏み固められたラインを走るしかない。踏み固められた箇所も半分ぐらいまでしかないから、あとの半分はラン。

去年は波打際の砂が締まった部分は乗れたけど、水位が高いし、砂の質が変わっている。
どちらかとういう細かい砂利になっているので不安定なので乗るのは難しい感じ。
この砂浜は渋滞するな。
DSC_0589

砂浜側が終わったら、踏むことが出来るので問題なし。
試走は軽めの負荷で3週し、終了。


前回は
DNSだったため、シードなし。早めに並ぶ。

冬用インナーと半袖シャツ、夏用レーパン。クソ寒い。
身体の体温を保つのにエネルギーを消費しているのか、腹が減ってくる。

その間に続々とくる参加者。
シード選手が横5人の前5列なので25人ぐらい。
後ろも5列ぐらい。50人以上はいそうだ。

スタートからつまるな。

・・・

なんだかんだで10秒前。

スタート。

後方なので全く緊張せず、スムーズにクリートキャッチ。
プレッシャーがないときはスムーズに行く小物っぷりを発揮して、ポジションを多少あげる。

①区間に突入したら、案の定渋滞。
外側からランでまくる。
5人ぐらいをごぼう抜き。
その反動で②区間に突入する時点で一気にタレる。

ひぃぃー。なんてこったい。
早くもタレる。動くシケインの誕生である。
すごく先行きが不安な展開だ。

なんとか復活して、⑤区間に突入。入り口でまたもや渋滞。

しかたなくラン(泣)

途中でラインに戻り、乗車するも、前の人が派手に落車し、降車してラン。
どっちにしろラインは途切れていたから走るけどね!(号泣)
砂浜をクリア後は無難に1周回目終了。

平坦でタイムを稼ぎつつ、砂浜で貯金吐き出す展開になりそう。
予想通りの展開で2周目と3周目をこなす。多少順位をあげたものの、特に見るべきところもなくゴール。


結果は
10位。


結局、砂区間は①と②は全部ラン。⑤区間は半分ランで処理する地獄。
ただ、
C1の選手は乗ったままの人が結構いたので、絶対にクリア出来ないわけじゃない絶妙な砂具合。奥が深い。

トップから
35秒遅れの10位。
後方スタートじゃなかったら勝負に絡めた可能性はあったかな。
尻上がりタイプ(スタートが下手)だから、もう
1周回は欲しいわ。
ただ、砂のランニングはしたくなかったので、微妙な心境。


今回もマッドタイヤで走ったけど、砂ではあんまりメリット感じないすな。
シラク
CXに不満はないけど、そろそろ状況に応じたタイヤを用意しないといけないかな。劇的には早くならんでしょうけど、展開によっては1秒を争う可能性がありますからね。

タイヤと予備ホイールを欲しいな。

さて、次回の烏丸と堺には出るとして、桂川とくろんど池も走るかどうか。何とも言えん戦績だけ増えているので奮起したいところ。


●レースのメモ書き
結果 10位(59人中) 
クラス:C4
タイム:2540秒(+35秒差)
周回 3rap
空気圧:フロント1.8bar リア1.8bar
タイヤ:シラクCX MUD(前後)
メモ :ランはいつでも出来るので、試走はチャレンジしてみよう。

ブログランキングに参加してますので、ついでにボタンを押してっていただければありがたいです(^^)
にほんブログ村 自転車ブログ シクロクロスへ

大阪から約2時間かけて、マキノ高原へ向かう。

メタセコイアの並木道。日本離れした綺麗な風景。
1480159161577

しかし、心は曇るばかり。前日の雨で完璧にウェット。
雨もぽつぽつで湿度が高い。

道中、霧がかかっていて前も見えない。視界は前方
30mぐらい。

なかなかの悪条件。ビビりながらの運転もなんとか到着。

予想通りの霧。視界悪いけど大丈夫かな。
1480159158221

不安に駆られながらもコースを確認。
スキー場にコースを作っているので、アップダウンが激しいコース。

草地の登りやキャンバーで標高を稼いで、
くねくね曲がりながら下ってくるレイアウト。

名物は、長いくだり(路面は凹凸がキツイ)とフライオーバー。
こんなやつ。
1480159158350
まぁ、フライオーバーは余裕ですわ
()

さっそく試走。めっちゃキツイわ。
少し登った後に、愛車を持ち階段を登る。

そこから、心拍があがった状態でのキャンバー。
なかなか追い込みますな。

そして、メインのフライオーバー。段差が高くて登り辛い。
担がないと前輪が階段にヒットするのがつらいところ。

そして、ここからの下りが恐怖。
距離が短いので、乗車体制が整えづらい。

怖くて飛び乗り出来んぞ(泣)
下りに差し掛かる瞬間に路面にペダルがヒット。

あぁー。メンタルがやられる。
重心を後ろに残して引っくり返らんようになんとか下る。

ノーブレーキでなんとか下る。
ブレーキなんてしたらスリップしそうで逆に怖いわい。

そこから登ったところで視界が真っ白になる。
フライオーバーを下ったのは夢で、こけて気を失ったのが現実か。

いや、単純にメガネが曇っただけである。
ほぼ視界がゼロ。

所々で立ち止まり、フキフキしながらある試走。
2周回し、終了。

メガネをはずして出走するか悩むが、
外すと細かい路面のギャップがつかめなくなるのも不安。

何より、チーム名を【メガネ】で登録している。

メガネなのに裸眼とかわけがわからん。
ファンがいたら困惑するかもしれんし(そんなものはいない)。

会場に良くいる眼鏡屋さんを探すも見つからず。
出走前でバタバタの中、ネクストステージさんのブースに駆け込む。運よく曇り止めがあった。

親切な対応に感動しつつ、曇り止めを塗布。次にタイヤがやられたらネクストステージさんで買おう。

一息つく間もなく、番号のコール。シードをもらっているので1列目。
1480159157886
そこでFRAT練でご一緒してる安々さんから声をかけてもらう。

下りのアドバイスをもらい、ざわついていた気持ち(フライオーバーへの不安)が落ち着く。ありがたい。

いよいよ
30秒前のコール。

10秒前。

ドン!

スタートの合図。スタート争いで
89番手ぐらいになる。
1480159158128

最初の登りは淡々とこなす。
泥で滑るせいか所々で落車やストップがかかる。

登り返しのキャンバーは降車で無難にクリア。
泥のコーナーは侵入する前に減速を済ませ、慎重に処理。

順位はほぼ変動なし。

恐怖のフライオーバーをこなすところで再びペダルヒット。
ひぃぃぃー!恐怖!
1480159159163

身体が前に持って行かれるも何とか耐える。
勢い余って前転するところだったわ。

お星様になるにはまだ早い。

生の喜びを感じつつ2週目に突入。

1~2番手は相当離れている。
ただ、3番手から3~4人のパックになっているので、こことはそこまで離れていなさそうだ。

そこそこのペースを刻むがなかなか追いつかない。むしろ後ろから追いつかれそう。

フライオーバーでとろとろと乗車している間に更に迫ってくる。
フライオーバーを下った後に一息。登りだから進まんやんけ。
1480159158478

しょうがなくダンシングでフガフガ登る。
1480159158533

ここでアクシデントが発生。メガネが曇ってきやがった。
即興で曇り止めを施工したせいか。

路面がまったく見えない。
コーステープを頼りに慎重に下って、登っている時にフキフキする繰り返し。

何とか持ちこたえ、
3週目に差しかかかる。
ついに後ろの1人に捕まるも、ホームストレートの登りで抜き返す。

登りは分がありそうなので、下りに入る前に突き放したい。
同時に前の
1人もキャッチ。3人パックになる。

コーナリング後のストレートで隙を見てかわすも、
1人ついてきている。
1480159159503

必死で踏むも、キャンバーの処理にもたつく間に詰められてきている。

そして、フライオーバー付近で再度メガネが曇る。
投げ捨てる選択肢はないのだ。
メガネがなくなったらモブキャラになってしまう(レンズが高いから投げられん!)。

もう一度、登りながらフキフキして下る繰り返し。
また下りで抜かれる。

メガネの影響で慎重に下っている間に、少しずつ離される。
なんとか
2秒差ぐらいに抑え、最後のホームストレートに突入。

追いつけると信じてスプリント。
1480159159919

あと1台分の差。

あと、半身。
1480159159990

・・・・何とか差し切った!

登りのスプリントが功を奏した。
これが平坦だったら逃げ切られたわ。

取りあえず良かった。

結果は6位。1~3位が速かったので、完敗。

今回の面子では、相手にアクシデントが起こらん限り何回やっても勝てんな。

それぐらい地力の差が大きかった。
それでも前シーズンに比べればかなり良い結果。

レース展開や面子によっては1位も狙えるかもしれない。
ただ、力不足は明らか。速い人たちはさくっとあがる。安々さんもさくっと昇格してた。

このままで昇格しても通用しないな。地力が足りていない。
それでも、自分の伸び代を信じて頑張って行こう。


●レースのメモ書き

結果 6位(52人中)
クラス:C4タイム:2749秒(+156秒差)
周回 3rap
空気圧:フロント2.0bar リア2.3bar
タイヤ:シラクCX MUD(前後)
メモ  :曇り止めは、つけてから1分間ぐらい置く。そして拭き取る。ただし、きれいにふき取らず残すように拭き取る。(後で眼鏡屋さんに聞いた。)内側は特に念入りに。


ブログランキングに参加してますので、ついでにボタンを押してっていただければありがたいです(^^)
にほんブログ村 自転車ブログ シクロクロスへ

↑このページのトップヘ