メガネのシクロクロス・ロードバイク日記

ロードバイクとシクロクロスがメイン。理論的なことは書けません(泣)

ロードバイクとシクロクロスがメイン。理論的なことは書けません(泣)

久々の更新です。
見ている人がいるか知らんけど、なんとか生きてます。



待ちにまったシクロクロスシーズンイン。

しかし、台風が来るということで天候が怪しい雰囲気。


・・・当日の朝。あいにくの雨模様ですが、これぐらいならいけるはず。

現地到着。台風にも関わらず、なかなかの盛況っぷり。

DSC_1025

もの好きが多い!


がぱらぱらと降っているものの、問題なさそう。
さくっと準備して、試走に。さて、今回のコース図。

Screenshot_20171030-123545

試走で出来ないことは本番でもできない。色々と試しながら走っていきます。

雨でビチャビチャですが、粘土質な土ではないので走りやすい。軽く1周回。

去年とほとんど一緒のコースですが、多少変更になっています。

キャンバーの角度が浅い、砂がなくなっている(雨のせいで固まった?)、切り返し後の段差がなくなっていたりと走りやすい印象。心なしか石も少なくなったかな。

問題はD地点、急勾配の土手は華麗なテクニックで登る・・・
ことが出来るはずもなく、クソテクニックを発揮。
3回チャレンジしましたが、全部失敗。


クソがぁ!!自分のテクニックのなさに失望。
水たまりの水を撒き散らしながら、3周回で試走終了。


DSC_1033


レース前にひどいことに・・・。
しかたなく、洗車&お着替え。

FRAT練仲間のうめたんさんが出走していましたが、その間に大雨。。
自然のシャワーでバイクは綺麗になったものの、コンディションが悪化。
レースから戻ってきた人たちもべちゃべちゃ。着替えを初めています。

ヌードタイム(おじさんたち)眺めながら時間を待ちます。
同じくFRAT練仲間の安々さんと遭遇。

少し会話したのち、ツィッターを眺める。


Screenshot_20171030-122617


なんてこった・・。中止!!!
C3以降のレースが全部中止。

残念ですが、台風なのでしょうがない。

 
土砂降りの中、シクロクロスを洗車し、帰宅。

まぁ、こんな日もありますわな。

CXシーズンに向けて少しずつ準備中。
半年前にかったMTBシューズを投入しました。

DSC_0893

インソールは熟成型。
レンジでチンしたあとに型をはめました。


このシューズを使用して秘境探検隊に参加。


秘境探検隊とは・・
奈良や和歌山のよく分からん道を開拓するヘンタイ集団。200km超3000upを走るのが基本。会長はタケさん。隊員はマコタケさんやラグさん、くろだいさんなどのおっさんが主軸。


ゆるゆるらしいので今回はゲスト参加。


今回のメンバーは4名。
ヘンタイのタケさん。
腹黒いクロダイさん。
唯一の良心アンダさん。
そしてワタクシ。


今回はシクロクロスに
スリックタイヤを履かせて出撃、
DSC_0876

集合場所のリビエールホールに到着。


ここで第二のおっさん集団と遭遇。
まっちゃんさん呼びかけのグルメオヤジ達。


まっちゃんさんをお見送りしている間に、
こちらのメンバーも集合。


今回のコースはリビエールホール~谷瀬の吊り橋。
最短距離を行けば往復150kmぐらい。

楽勝やわ。

・・・・

なぜか通る必要のない広域農道に突入。
アップダウンがキツい道。


開始1時間でやばす。
すでにキツイ。


他の三人は涼しい顔。


ある程度進んだところで
アンダさんが離脱。


唯一の良心が・・。


先が思いやられる。

















(1)からの続き。

序盤は温存する作戦。

温存してたものの
林区間の激坂区間に心がおれる。

さらに、腹は万全だが、
今度は脚と心がお陀仏したことに絶望。


呪いの言葉を吐きながら登る

「サカ、オワレ・・。・・マダ。」

端からみたら相当やばかった気がする。
いや、端からみなくてもヤバイ。
負のオーラ満載だ。

負のオーラを撒き散らしながらも札立峠をクリア
生石高原まで3km地点の広場で休憩
DSC_0860


まだ、さらに3kmの平均斜度9%が残っている。

身体中から塩をふいているのでミネラルとかいろんなものが不足していそう。

塩ふきおじさんと化し、まだ3kmあることに絶望。

ヒルクライムを開始。
ピーン。開始早々に脚をつり。

だましだましダラダラと登り、何とか頂上。
DSC_0865

良い景色だ。
登った甲斐があった。
DSC_0867

アルプスみたいな景色を堪能。


アルプスのオッサン“メガネ”。


良い景色とは裏腹に、語呂もセンスもイマイチ。
まぁ、人生こんなもんだわ。

少し散策。
売店もあったけど、スルーして下山。


下りもなかなかきつい。

・斜度がキツイ
・木漏れ日で見えにくい
・狭い
・そこそこ対向車がいる 

なんとか下りきって走っていると軽い熱中症。

水分補給のタイミングを間違えた。

日光がガンガンあたるR370をさけ、県道4・3号線を使って橋本に脱出。

固形物も気持ち悪くて食べれず、
ゼリーを食べながら帰阪。

日がおちたら元気になってきたので、
ゆるゆると帰宅。
これからの時期のロングライドは下準備をしっかりせんといかんすな。


駆け足になりましたが終わりです^^

終わり

↑このページのトップヘ